みなさんの知らないスウィディッシュライフスタイルのこと、お答えします。
Please let me tell you a little bit about the story of Swedish Lifestyle

スウィディッシュライフスタイルは、
どのようにして誕生したのですか。

かつて日本で2度くらした経験をもつスウェーデン人のマーチン=ヨーベウス氏が2006年に日本で設立しました。いわばスウェーデンの感覚を持った日本企業といえます。日本をこよなく愛するマーチン氏は、いつか日本で仕事をしたいという夢を叶えるため、再来日。もともと自身が好きな分野でもあり、当時日本にほとんど入っていなかったスウェーデンのファッションを通じて、日本とスウェーデンの架け橋になろうと考えました。

どんなブランドを扱っていますか。

当初はスウェーデン国内のブランドのみでしたが、現在ではデンマークのファッションブランドも扱っています。それは、自国以外のモノも使ってくらす、リアルなスウェーデンの「今」を日本に持ってきたいという想いからです。将来的にはスウェーデンを通じてつながる様々な国の、ファッションだけに限らず、くらしに関するあらゆる分野のモノを扱いたいと考えています。それが、スウィディッシュライフスタイルという社名に込められた気持ちです。

商品やブランドはどうやってセレクトしていますか。

自社の持つスウェーデンの多彩なネットワークを通じて集まる情報の中から、現在の日本の市場に合うモノ、可能性を感じるモノをセレクトしています。特に見極めが必要なのは、日本に比べて市場が小さいスウェーデンのブランドが、日本で競争力を持っているかどうか。そしてもう一つ大切なことは、日本の市場でスウィディッシュライフスタイルに求められているのは何なのか、ということです。私たちにしか提供できない価値を届けることが、私たちの使命だと考えています。

ところでスウェーデンってどんな国ですか。

ヨーロッパの北方、スカンジナビア半島にあり、大陸から地続きとはいえ交通が実質的に海で遮断されている地理的条件は、島国の日本に通じる気質を育みました。自然に囲まれた生活環境や、日本の約1.2倍の国土に950万人しかいない人々の控えめな気質も日本人によく似ていると言われています。ここで生まれる製品は、自然の中での使用に耐えられる機能性や品質と、毎日を彩るデザインがうまく融合しています。遠く離れた日本に受け入れられる土壌があるのもけっして偶然ではありません。